株主・投資家のみなさまへIR Infomation

当社は、持続的な成長と企業価値の向上をはかるため、
株主・投資家のみなさまに対し、適時・適切な情報の開示に努めております。

ディスクロージャーポリシー Disclosure Policy

当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上をはかるため、株主・投資家のみなさまに対して、迅速・正確かつ公平な情報開示を実践し、建設的な対話を促進していくこととしております。
本ポリシーは、株主・投資家のみなさまとの建設的な対話を円滑に促進していくため、当社情報の取扱いや対話にあたっての体制・姿勢等を明らかにしたものです。

  1. 1. 情報開示の基本方針

    当社は、金融商品取引法等の諸法令および東京証券取引所の定める有価証券上場規程の「会社情報の適時開示等」(以下、「適時開示規則」といいます。)に従い、投資判断に重要な影響を与える決定事実、発生事実および決算に関する情報が生じた場合には、適時・適切・公平に開示いたします。
    また、株主・投資家のみなさまが必要とする情報については、適時・適切な開示に努めており、引き続き正確で有用性の高い情報の提供に取り組んでまいります。
    なお、個人情報、顧客情報、および関係者の権利を侵害することになる情報につきましては開示いたしません。

  2. 2. 情報開示の方法

    適時開示規則に該当する情報につきましては、同規則に従い、東京証券取引所の「TDnet(適時開示情報伝達システム)」で開示するとともに、開示後、当社ホームページにも掲載いたします。
    適時開示規則に該当しない情報であっても、株主・投資家のみなさまにとって重要あるいは有益であると判断した情報につきましては、当社ホームページへの掲載等により公平に開示いたします。

  3. 3. 情報の管理

    当社は、会社情報の管理および株式等の売買に関する指針を定めた社内規程・マニュアルを制定するとともに、社内研修会の開催などにより、役員・従業員に対するインサイダー取引規制の周知徹底と理解啓発に努め、インサイダー取引の未然防止をはかります。
    また、株主・投資家のみなさまに対し、投資判断に影響を及ぼすと思われる開示前の重要な情報を個別の対話等で言及することは差し控えます。

  4. 4. 株主・投資家のみなさまとの建設的な対話の促進

    当社は、株主・投資家のみなさまとの対話全般について統括を行なうIR担当役員を指定しているほか、株主総会以外にも対話の機会を設けるなど、株主・投資家のみなさまとの建設的な対話の促進に努めてまいります。
    また、株主・投資家のみなさまとの対話を通じていただいたご意見・ご要望については、経営層および社内関係個所にフィードバックし、当社経営に生かしてまいります。

  5. 5. 沈黙期間

    当社は、株主・投資家のみなさまへの情報開示の公平性を確保し、情報漏洩を防止するため、
    1. (1)当社の決算(四半期・通期)に関する情報については、毎決算期末日の5営業日前から当該決算が公表された時まで
    2. (2)上記(1)のほか、取締役会への付議案件に関する情報については、その開催の都度、取締役会招集の通知を発した時から当該取締役会が終了した日まで(ただし、取締役会への付議案件で、かつ未公表の重要事実等に該当する情報については、当該情報が発生した時から当該情報が公表された時まで)
    を沈黙期間としています。この期間は、決算・業績見通しや取締役会付議案件等に関する質問への回答やコメントを差し控えます。
  6. 6. 将来の見通し

    当社が開示する情報のうち、業績見通し等の将来予想に関する情報は、開示時点で把握可能な情報や一定の前提に基づき当社が判断した見通しであり、既知・未知のリスクや不確実な要素などの要因が含まれており、その要因によって実際の成果や業績、実績等は、見通しとは大きく異なるものとなる可能性もあります。