ユアテック採用サイト

空調管設備部門で働く社員紹介

空調管設備部門

工学部 環境情報工学科卒 2014年入社

ユアテックは電気設備工事の会社というイメージが強いですが、総合設備エンジニアリング企業として、東日本エリアを中心に様々な工事を担っています。

私たち空調管設備部門は、建物における空調・給排水衛生設備工事等を通じて建物に命を吹き込む仕事をしています。

空調管設備部門はこんな仕事をしています

「空調管設備部門はどんな仕事をしていますか。」

これは、学生のみなさんからよく受ける質問です。私たち空調管設備部門の仕事は、建物の空調・給排水衛生設備を中心に、生活するうえで心から安心し、より快適と思える住環境をつくることです。 

私は現場代理人として、工程表の作成や予算の管理、安全管理を行い、お客さまが求めているものを、職人さんとコミュニケーションを取りながら形にしていきます。

現場では、高レベルの専門的知識・技術を要求されることもあり、大変なこともありますが、竣工した時の達成感や充実感は、それまでの苦労が吹き飛ぶほどの何物にも代えられない素晴らしい瞬間です。

信頼される現場代理人を目指して

入社3年目で初めて現場代理人となり、変電所10ヵ所の空調機取り替え工事を担当しました。

現場としては小規模でしたが、電力設備である変電設備に異常があれば近隣一帯の地域で電気が停止してしまう緊張感のある現場でした。

OJTでは先輩社員に教わりながら多くの現場を経験してきたので、この仕事は一人でも出来るだろうと多少の自負はあったものの、結果的には先輩社員や職人さんなど多くの方々に支えられるばかりで、自分の未熟さや考えの甘さを痛感しました。

竣工時は「もっと出来ることがあったんじゃないか」という反省の気持ちが強く、悔しさだけが残りました。今の目標は、誰からも信頼される現場代理人になることです。

先輩たちが築いてくれたもの

現場では辛いことを何度も経験し、その都度乗り越えてきましたが、これも手を差し伸べてくれる先輩社員の方々や、部内のサポート体制など、会社の温かい雰囲気があったからだと思っています。

お客さまや職人さんからはよく、「ユアテックの人に悪い人はいない」と言われます。これも長年にわたり、先輩方の技術力と人間性が築いてきたものです。このような環境で仕事が出来ることは、私にとっての大きな財産だと感じています。

私もユアテックの歴史を築く一員として、「設備工事のプロ」として、日々自らの技術を磨き成長していきたいと思っています。