技術開発Technology development

ユアテックは、総合設備エンジニアリング企業として、高い技術力でお客さまのニーズに応える高品質なサービス提供を目指し、施工技術力の向上に努めるとともに、積極的に新しい技術の開発に取り組んでいます。そして、電力流通設備、電気・空調・給排水、情報通信設備や土木建築など、広範な事業領域で、多くの独創的な技術を生み出しております。

経済性技術開発

長期間かかっていた元穴建替工事が1日で完了できる移設工具の開発

電柱元穴建替工法 架線物仮移設工具

電柱元穴建替作業を1日で完了できる「錘(おもり)式元穴工具」、「傾斜地対応(ジャッキ式)元穴工具」、電柱元位置建替作業車「SQUIP(スキップ)」を開発したことで、工事期間を大幅に短縮し、作業の効率化とお客さまの負担軽減に繋がります。

配電線工事における電柱元穴建替作業は、電柱の近くに仮の電柱を建て、配電線等を仮に移設し、新柱に配電線等を戻すという2回の作業を行っておりました。しかし、当社が平成24年度に開発した「錘(おもり)式元穴工具」を使用することで、仮柱および新柱併設を解消、作業停電の回数が減少し、工事期間を最短で1日と大幅に短縮することができるようになりました。
 平成28年度には従来の工具に改良を加え、電動油圧式ジャッキの使用により傾斜地での水平調整を容易にし、適用範囲の拡大を可能とした「傾斜地対応(ジャッキ式)元穴工具」を開発しました。
 さらに、平成29年度には伸縮式仮柱と車両を一体化、オペレ-タ-1人で仮柱の設置を可能とした電柱元位置建替作業車「SQUIP(スキップ)」を東京電力パワ-グリッド㈱、東北電力㈱、当社の3社で共同開発し、安全性の向上および作業効率化が図られました。
 今後は、3種類の工具を使い分け、元位置への電柱建替工事のさらなる促進、コスト削減、周辺住民への影響軽減に貢献してまいります。

●澁澤賞 (社)日本電気協会
●特許第5527864号「電柱元穴建替用架線物仮移設工具および電柱元穴建替工法」
●特許第6228711号「電柱元穴建替用架線物仮移設工具」~傾斜地対応型
●特許第6499789号「電柱元穴建替用装置、電柱元穴建替作業用車両および電柱元穴建替工法」

錘(おもり)式元穴工具

傾斜地対応(ジャッキ式)元穴工具

電柱元位置建替作業車「SQUIP(スキップ)」