ユアテック採用サイト

活躍する女性社員からのメッセージ

ユアテックで活躍する
女性社員からのメッセージ

N副長
経営企画部 グループ事業推進グループ

M担当
総務部 法務グループ

ユアテックで活躍する女性社員をご紹介いたします。男性社員の多いユアテックですが、女性目線で、建設業の仕事やこれからのキャリアについてお話しを伺いました。

学生のみなさんへのメッセージもお話いただいていますので、ぜひ最後までご覧ください。

お二人の、これまでに経験されたお仕事を教えてください。

N副長

私は本社経理部に入社後、新規事業の立案や新会社設立などいくつかの業務を経て、現在の経営企画部に異動しました。

主な担当業務は、関係子会社の統轄業務で、決算の取りまとめや分析など多岐に亘ります。また、海外子会社である㈲ユアテックベトナムに関わる業務も一部担当しています。

プライベートでは、2度の育児休職制度を活用して職場復帰しており、そんな2人の息子達も今年で小学5年生と中学1年生になりました。

また、2016年には特別管理職という立場になりました。

M担当

私は2012年に宮城支社総務部に入社しました。支社では、技術職の方々と距離が近く、「ユアテック=総合設備エンジニアリング企業」であるということを肌で感じることができましたね。

翌年に本社人事労務部秘書グループに異動となり、役員秘書業務を担当させていただきました。その後、2016年に現在の本社総務部法務グループに異動となりました。

N副長

入社1年目で秘書グループに異動になったときは驚いたでしょう。

M担当

入社して1年、支社業務にも少しずつ慣れ始めて、責任のある仕事を任せてもらえるようになってきた時だったので、大変驚きました。

秘書業務は、忙しい毎日でしたが、社内外の調整等で細かなスケジュール管理が身につきましたね。

現在は、建設業法や様々な契約に関わる法務業務で、今までに経験したことがない分野なので毎日が勉強です。

N副長

経営企画部や総務部など、管理系部門と言われる仕事に共通して言えるのが、日々現場第一線で頑張っている社員の業務が、円滑に進むようにサポートする仕事だということですよね。

建設業界で働くことに、
とまどいや驚きはありませんでしたか?

N副長

建設業界は男性社会というイメージがあるかと思いますが、それぞれのスキルに合わせた様々な仕事がありますので、実際に働くうえでは、文系か理系か、男性か女性かによって、違和感を持ったことはないですね。ただし、女性技術者はまだまだ少ないと感じています。

M担当

N副長は、2016年に特別管理職になられましたよね。

男性が多い職場ではありますが、活躍されている女性が管理職になるのは嬉しく思いますね。

すべての部署が同じではないと思いますが、総務部では、男性も来客応対やお茶出しなどを積極的に行っています。学生時代の友人に話を聞くと、そうではない会社も多いようなので、女性がやって当たり前と思われていることに、男性が積極的なのはすごくいいことだと思いますね。

N副長

建設業界に興味はあるけど、男性社会だからと尻込みしている学生のみなさんに知ってほしいのは、男性か女性かということではなく、自分の力を発揮できる仕事が必ずあるということですね。

N副長さんは二児の母でもありますが、
仕事とのバランスをどうやってとっていますか?

N副長

まだ息子2人が小さかった時は、共働きでしたので、保育園を利用していました。息子が体調を崩せば早退してお迎えに行き、打ち合わせなどの予定を急遽変更しなければいけないのが一番苦労しましたね。

当時を振り返ると、職場のみなさんにはご迷惑をお掛けしていたと思います。

私が心がけていたのは、「仕事の共有化」と「オンオフの切り替え」です。仕事の共有化は、仕事の見える化。一人に掛かる負荷を協力し合って分散することができます。また、仕事は仕事、家庭は家庭と割り切るバランスが大切だと思いますね。

M担当

子育てと仕事を両立している先輩方の姿は、女性として憧れますしカッコいいですよね。

小さいお子さんのいる女性社員も多くいますが、職場は早退や急なお休みについても理解があり、性別に関係なく子育てに取り組む文化が浸透していると感じます。

N副長

当時の上司をはじめ同僚のみなさんには、急に早退しなければいけなくなっても、子どもを気遣って快く送り出してくれました。本当に「人の環境」に恵まれて仕事をさせていただいて、感謝しています。

ユアテックでは、育児休職制度や育児勤務制度(時間短縮勤務)を活用して、子育てや出産を理由に離職する人がほとんどいないですよね。その点では、女性も長く活躍出来る職場だと感じます。

M担当

多くの先輩社員の方々が、こうした文化を築いてくれたおかげですね。

上司の方々も、自分の経験から状況を理解して働きやすい環境を作ってくれているのだと思います。

これから、どんなふうにキャリアを
重ねていきたいと思いますか?

M担当

目配り、気配りができる人になって、様々な部門を経験して働いていきたいと思います。

私たちの仕事は縁の下の力持ち。目立たない部分ですが、社員の日常生活を支える大事な仕事です。

誇りをもって、毎日の業務に携わっていけたらと思っています。

N副長

これからはもっと、現場の仕事を理解しながら業務に携わっていけたらと考えています。

あとは、技術者としてチャレンジしていただける女性がもう少し増えたらいいですね。志をもって、躊躇なくユアテックに飛び込んできてくれたら嬉しいです。

私は、女性技術者をサポートできる体制の構築に尽力したいと思います。

それが当たり前という職場風土にしないといけないですよね。

ユアテックを目指す学生のみなさんへメッセージをどうぞ

M担当

私たち事務系社員は、建物を築き様々な設備を造り上げることは出来ませんが、建物に命を吹き込み、電気を安心で確実にお客さまに届けるために、日々現場第一線で働く社員の方々を支えているという誇りを持って働いています。

どんな仕事が担当であっても、やりがいが必ず見つかるはずです。

N副長

建設業界は男性社会だという先入観を持たずに、どんどんチャレンジしてほしいと思います。

ユアテックの最大の売りは「技術力」であり、技術力を持つ「社員」が私たちの誇りです。

女性技術者として活躍されている方は、まだまだ少ないことも事実ですが、ユアテックには「社員=人」を大切にする環境があります。

次の世代に向けて、これから女性技術者をサポートする体制の構築がさらに進んでいきますので、ぜひユアテックの歴史に新しい風を吹き込んでください。

  • トップページ
  • 事業内容紹介
  • 部門・社員紹介
  • 活躍する女性社員からのメッセージ
  • 女性技術者として働く社員紹介
  • 採用データ
  • 人財育成・資格
  • 採用担当者から
  • 地域貢献など
  • よくある質問
  • インターンシップ