ユアテック採用サイト

電気設備部門で働く社員紹介

電気設備部門

工学部 電気情報工学科卒 2010年入社

私たち電気設備部門は、建物を「光り輝かせる」電気設備工事のプロ集団です。

どんな建物・施設でも、そこに命を吹き込み「より良いもの」へ、「ユアテックの技術力」を目に見えるものにするプロの技術者として、信念を注いだ設備を最善のかたちでお客さまへ届けます。

建物に「命を吹き込む」

発電所でつくられた電気は、送電線路や変電所など様々な電力設備を経由して、建物内のあらゆる機器に供給されます。

受変電設備から供給される電気により、照明やコンセント、エレベーターやエアコンはもちろん、TVや監視カメラ、電話、通信設備、非常放送、火災報知器など様々な設備が稼働し、建物として機能します。

私たち「電気設備部門」の仕事は、建物の隅々にまで電気エネルギーを供給することで、そこに「命を吹き込む」大切な役割を担っています。

「電気屋でよかった」

一つの建物を完成させるためには、工事に携わる数多くの人たちとの綿密な打ち合わせが必要です。

コンセントひとつをとっても、法規や技術的知識、他業種との打合せ調整が重要となり、悩む事も少なくありませんが、真っ暗だった建物に電気が灯り様々な設備が動き始めた瞬間は、建物に新たな命が吹き込まれるようで、何度経験しても「電気屋でよかった」と実感しています。

建物一つを完成させるために沢山の技術者が携わり、完成までの過程には同じものがないため、竣工した時の喜びや達成感は何物にも代えられないものです。

オールユアテックで取り組む

発電所から送られた電気は、いくつもの送電線や変電所、配電線を通って建物へ供給されますが、その設備全体をユアテック社員がサポートしています。

「安定した電気をより安全に届けたい。」この想いはユアテックで働く社員全員に共通していることです。災害などが発生した際にはいち早く現地へ向かい、復旧に向け全力を注ぎます。これもユアテック社員であり電気を取り扱うプロとしての使命感を持つからこそだと思います。

社員の一人ひとりが協力して「より良い設備」を作り上げ、お客さまに提供出来る仕事に誇りを持っています。